商品一覧 お買い物カゴ お電話でのご注文

東信州 旬の季節の【採れたて】速報

2015
4/15

【レシピ】「くるみおはぎ」は懐かしの味

【レシピ】「くるみおはぎ」は懐かしの味のイメージ

秋、唐沢果樹園では一面に「くるみ」が天日干しされます。遠方から訪れた方々がその天日干しされている「くるみ」を見ると必ずびっくりされます。国産の「くるみ」はなかなか目にすることはできないため、とても珍しいのだそうです。
特に地元で生活している方、地元出身で県外で長く暮らしていらっしゃる方は、幼い頃から食べていた「くるみ」の味、自分をかわいがってくれたおばあさんやおばさんが作ってくれた「くるみおはぎ」の味は生涯忘れることのできない味のようです。

食した瞬間、懐かしい思い出が脳裏をよぎる「くるおはぎ」の作り方をご紹介します。旬の季節には、ぜひ作ってみてください。

《くるみおはぎの作り方》

【材料】(20個分)
もち米 3カップ
水 2.7カップ

(塩味)
くるみ 150g
砂糖 150g
塩 少々

(しょうゆ味)
むきくるみ 100g
砂糖 150g
醤油 20g
水 100cc

【作り方】
1. くるみをむき、電子レンジで炒る。
2. くるみを荒ずりにする。
3. もち米を炊飯器で炊く。
4. 炊きあがったもち米を半つぶしにする。
5. 塩味またはしょうゆ味別に調味料をあわせる。
6. 20個に分けて丸め、5のくるみをつける。

【ここがポイント!】
《くるみの炒り方》
500℃のレンジで最初3分炒ったあと、よくかき混ぜ、また3分炒ります。
《くるみ汁のつけ方》
おわんに餅をまるめて入れ、まわりからくるみ汁を注ぎます。

長野県東御市の道の駅「雷電くるみの里」のくるみおはぎの味は、清香園さんの家に代々受け継がれた味です。

★「農家直売どっとこむ」はこちら
http://www.e-noson.com/

投稿者:農の匠の玉手箱事務局

一覧ページに戻る

生産者の【丹精】を畑から
お客様のもとへ【直送】する
初の取り組み

【産直】をうたって日本各地の物産を販売するウェブサイトはいくつもあります。
でもそのほとんどは生産者から消費者の手にわたるまでに、いくつかの過程を経る仕組みのうえに成り立っています。
畑から消費者の手元へ直送される本当の【直売】は、生産者自身が通販モールに出店するか、
自分の手で行うしかありません。ことに収穫の最盛期に注文に対応するのは大きな負担となります。
また、安全やおいしさのために手間ひまを惜しまず栽培してきた農産物が
むやみな価格競争にさらされるのは、生産者にとってやるせないことでもあります。
そこで、そうした負担や理不尽を解消し、本当に良い品だけを適正な価格で、
生産者の畑から消費者に直接届く仕組みをつくり、
地域の農業発展をサポートしたいという思いから立ち上げたのが【農家直売どっとこむ】です。