商品一覧 お買い物カゴ お電話でのご注文

東信州 旬の季節の【採れたて】速報

2020
5/29

春のみかん「カラ」はご存知ですか?

春のみかん「カラ」はご存知ですか?のイメージ

春のみかん「カラ」は、温州みかんとキングマンダリンを掛け合わせた比較的新しい品種です。1935年にカリフォルニア大学のフロスト博士が、尾張系温州ミカンとキングマンダリンを交配し育成して生まれました。

ところがカリフォルニアではうまく育たず、商業用栽培に栽培されるまでにはいたりませんでした。それが1955年に日本にやって来て、わずかですが栽培され、出荷されています。

「カラ」は極めて濃厚な甘さと、ほどよい酸味が特徴。
見た目は温州みかんと似ています が、味はオレンジに近く、外皮はややしっかり。
樹に成っている期間が長く、濃厚な果汁がたっぷりでジューシー。
実ができてから収穫まで、およそ1年も樹上で育てます。そうすることで果実に養分を行き渡らせ、糖度を高めることができるのです。この長い栽培期間のため、栽培している農家が少なく、世界でも商業用栽培をしているのは日本くらい。とても希少なみかんのひとつです。
いつものみかんと同じように皮は手でむけますし、なかの薄皮もそのまま食べられます。
三重ブランドとして認定されている「南紀みかん」のなかでも春みかんである「カラ」は
雨が多いと酸が穏やかになる特徴を生かした希少なみかんです。

このカラは、カラマンダリンとも呼ばれます。
この「マンダリン」は中国清朝の官吏のこと。清朝は愛新覚羅溥儀が「ラストエンペラー」という映画にもなりました。清朝の皇帝は北京の紫禁城におりましたので、清朝の高官である官吏の使う北京語のことも指します。

 

 

なぜマンダリンがみかんの名前になったかというと、その官吏の服の色がみかんのようなオレンジ色だったからだそうです。
黄色は皇帝の色。オレンジは高級官僚の色だったんですね。
今でもハリウッド映画などでマンダリンという名前の付くキャラクターがアジア系なのは、こういった背景があってのことのようです。
おうちで映画を見ながらのみかん、落ち着きますね。

和歌山県産 カラ 5㎏

投稿者:horiuchi

一覧ページに戻る

東信州【農の匠】を訪ねて

東信州【おいしいもの】図鑑

東信州【美味しさの秘密】

旬の季節の採れたて速報

生産者の【丹精】を畑から
お客様のもとへ【直送】する
初の取り組み

【産直】をうたって日本各地の物産を販売するウェブサイトはいくつもあります。
でもそのほとんどは生産者から消費者の手にわたるまでに、いくつかの過程を経る仕組みのうえに成り立っています。
畑から消費者の手元へ直送される本当の【直売】は、生産者自身が通販モールに出店するか、
自分の手で行うしかありません。ことに収穫の最盛期に注文に対応するのは大きな負担となります。
また、安全やおいしさのために手間ひまを惜しまず栽培してきた農産物が
むやみな価格競争にさらされるのは、生産者にとってやるせないことでもあります。
そこで、そうした負担や理不尽を解消し、本当に良い品だけを適正な価格で、
生産者の畑から消費者に直接届く仕組みをつくり、
地域の農業発展をサポートしたいという思いから立ち上げたのが【農家直売どっとこむ】です。