商品一覧 お買い物カゴ お電話でのご注文

東信州 旬の季節の【採れたて】速報

2020
11/25

たっぷりの蜜が特徴のサンふじ 蜜の正体は?

たっぷりの蜜が特徴のサンふじ 蜜の正体は?のイメージ

りんごといえばサンふじ

りんごといえばふじを思いつく方が多いのではないでしょうか。
11月上旬頃から出回りはじめ、もっとも流通量が多いので、日本でりんごといえば思い起こされるものはおそらくふじなのではないでしょうか。
まちないなく日本を代表するりんごです。

同じふじでも、農家直売どっとこむで販売しているのはサンふじです。
ふじとサンふじの違いは、以前の記事をご覧ください。

 

「ふじりんご」と「サンふじりんご」の違いとは?

「ふじりんご」と「サンふじりんご」の違いとは?

蜜の正体は?

サンふじはたっぷり蜜がはいっているのも特徴です。ではその蜜の正体はなんでしょうか。
リンゴの蜜は「ソルビトール」という自然の甘味成分です。葉に太陽があたることで光合成によって作られます。この物質は葉から軸を通ってリンゴの実に蓄えられ、りんごの甘さである「果糖」や「しょ糖」に変わります。りんごが完熟し、もうこれ以上果糖やショ糖にならない!となったとき、ソルビトールは糖分に変換されなくなり、そのままの状態でりんごの中に蓄積されます。これがりんごの「蜜」と言われる部分となります。

蜜じたいはそれほど甘くはありません。ソルビトールの甘みは砂糖の60%程度と言われます。
ですが完熟してから蜜となり、実の中にたまりだすため、蜜のあるりんごは甘いのです。
同じように、蜜が無いと言って甘くないわけではありません。完熟し、ソルビトールがたっぷり果糖やショ糖となったりんごは、とても甘いのです。

 

とっても美味しい長野のサンふじりんご

ぜひお召し上がりください

 

投稿者:horiuchi

一覧ページに戻る

生産者の【丹精】を畑から
お客様のもとへ【直送】する
初の取り組み

【産直】をうたって日本各地の物産を販売するウェブサイトはいくつもあります。
でもそのほとんどは生産者から消費者の手にわたるまでに、いくつかの過程を経る仕組みのうえに成り立っています。
畑から消費者の手元へ直送される本当の【直売】は、生産者自身が通販モールに出店するか、
自分の手で行うしかありません。ことに収穫の最盛期に注文に対応するのは大きな負担となります。
また、安全やおいしさのために手間ひまを惜しまず栽培してきた農産物が
むやみな価格競争にさらされるのは、生産者にとってやるせないことでもあります。
そこで、そうした負担や理不尽を解消し、本当に良い品だけを適正な価格で、
生産者の畑から消費者に直接届く仕組みをつくり、
地域の農業発展をサポートしたいという思いから立ち上げたのが【農家直売どっとこむ】です。