商品一覧 お買い物カゴ お電話でのご注文

東信州 旬の季節の【採れたて】速報

2021
9/6

信州の郷土食「おやき」

信州の郷土食「おやき」のイメージ

信州の郷土食「おやき」

 

「おやき」は長野県北信地域発祥と言われる、信州を代表する郷土食です。

小麦粉等を練って伸ばした皮に、あんや野菜など旬のものを包み、焼いたり油で揚げてふかしたりして作ります。

包む野菜は「野沢菜」「きのこ」「なす」「かぼちゃ」など幅広く、信州の味覚を楽しむにはぴったりの料理です。

おやきの具には、伝統的には肉類は入りませんでしたが、最近はジビエや信州豚などを入れたおやきも登場しています。

 

餡もとても多彩ですが、おやきの「皮」の様子も様々です。

中華まんのようにふわふわした皮のものも、きんつばのように薄い焼いた皮に包まれたものもあります。

焼き方も、蒸したもの、焼いたもの、焼いてから蒸したものなど、地域によって実にいろいろです。

焼いたおやきが好きな人、蒸したおやきが好きな人、灰焼きのおやきが好きな人、様々です。

 

皮の薄いタイプのおやき

 

皮の厚いタイプのおやき

 

 

長野県ではとても生活に密着し、気軽に食べられています。

おやきを扱っているのはおやき屋さんだけではありません。

スーパーはもちろん、場所によってはコンビニでも売っていたりします。

地域の和菓子屋さんではおやきを扱っているところも多いです。

ぜひ、長野を訪れた際にはいろいろなおやきを食べ比べてみてください。

おやきの具は水分が多いものが多く、日持ちがしないものなので、お土産には冷凍おやきがおススメです。

 

善光寺おやき 10個入(冷凍)

https://www.e-noson.com/products/detail/793

 

 

信州地粉おやき 4種16個セット(冷凍)

https://www.e-noson.com/products/detail/374

 

 

 

投稿者:horiuchi

一覧ページに戻る

生産者の【丹精】を畑から
お客様のもとへ【直送】する
初の取り組み

【産直】をうたって日本各地の物産を販売するウェブサイトはいくつもあります。
でもそのほとんどは生産者から消費者の手にわたるまでに、いくつかの過程を経る仕組みのうえに成り立っています。
畑から消費者の手元へ直送される本当の【直売】は、生産者自身が通販モールに出店するか、
自分の手で行うしかありません。ことに収穫の最盛期に注文に対応するのは大きな負担となります。
また、安全やおいしさのために手間ひまを惜しまず栽培してきた農産物が
むやみな価格競争にさらされるのは、生産者にとってやるせないことでもあります。
そこで、そうした負担や理不尽を解消し、本当に良い品だけを適正な価格で、
生産者の畑から消費者に直接届く仕組みをつくり、
地域の農業発展をサポートしたいという思いから立ち上げたのが【農家直売どっとこむ】です。